2000/11.Photo Gallery  by 松原遊士

初めて、雪の北海道を訪れたのは1969年3月、高校一年の時でした。当時、冬の北海道へ行くのは、
今なら、海外へ行くぐらいの大旅行。しかも、装備は貧弱、資金もあまり無く、あるのは若さだけ。
今では考えられない、強行スケジュールで北の大地を歩き回りました。中でも、最も強く印象に残ったのは
C62重連「ニセコ」の勇姿です。シーンと静まり返った上目名の山の中、列車を待っている私が、初めて
耳にする、まるでジェット機のようなドラフト音が、聞こえてきました。だんだんと音が大きくなり、やがて
目の前に姿を表した、C62重連の素晴らき迫力、勇姿、今でも目に浮かびます。

 


小樽 ━ 塩谷 1971-3


然別 ━ 銀山 1970-3


然別 ━ 銀山 1970-3


小沢 ━ 倶知安 1971-3


小沢 ━ 倶知安 1971-3


目名 ━ 上目名 1971-3


目名 ━ 上目名 1971-3


長万部 1970-3


長万部 1970-3


長万部 1970-3

   

思いでの南海電車

思いでの長野電鉄

厚岸湖に沿って

北辺の96パート2
釧網のC58パート1 思い出の東武電車1 興浜北線のキハ22 日中線のC11
井川線今昔 旧客の車窓から 思い出の東武電車2 思い出の川崎市電
思い出の上田交通 国鉄大宮工場    

ホームへ戻る

INDEXへ戻る