2020年2月回1目

駅撮りに続きまして、HM探検団も四国ネタでございます。四国最後の日は、高松から

高知に移動して土佐電を乗り撮り鉄の心積もりでございます。8時チョイ前駅に到着、

駅撮りしながら待ってると、6番線に乗車予定の8:25発2005D特急「しまんと」5号が、

入って参りました。特急列車は振り子気動車2000系、2100形と下り側にゃN2000系と

称される2450形が、連結されてるだけの2両編成でございました。瀬戸大橋があると

言え、香川県の県都高松と高知県の県都土佐市を結ぶ、土讃線の特急列車が僅か

2両編成で運用されているのが、JR四国の悲しい現実なのです。実際に「しまんと」に

乗車してみたとこ、乗車客数は2両編成どころか、単行でも十分と言う少なさでした。

所要2時間と数分、運賃\2.790+特急自由席\2.200合計\4.990と微妙に\5.000割れ

なるけど、設定の所要2時間数分で鉄道変わらない高速バスは、\3.500ポッキリで

1時間ヘッド、全く勝負にならないのでございます。しかし、一人2席独占広々空間で

ユッタリ気分の2時間移動、そう考えりゃ高速バスとの差額は、チャラになるぞ。

予讃線  高松 2020-
  Photo by 団長